虚実妖怪百物語 序《うそまことようかいひゃくものがたり じょ》/京極夏彦/株式会社KADOKAWA

こんブログは鴉辺譜鼻勝(アベフ ハナカツ)、永遠の19歳歴18周年を迎えたウルトラメディアエキセントリッカーの読んだ分だけ寿命が弾むブログです。日本銀行券だけください。

鼻勝の理 TOP > 読書感想文 > 虚実妖怪百物語 序《うそまことようかいひゃくものがたり じょ》/京極夏彦/株式会社KADOKAWA

« 【DQMJ3p】爆低速プレイ日誌【22】【段位戦:529p/MGP:489位/CGP:1177位】|Windows10の大型Update »

虚実妖怪百物語 序《うそまことようかいひゃくものがたり じょ》/京極夏彦/株式会社KADOKAWA



久々に読書感想文を書くのぅ……何年も本など、まともに読んでいない。
んじゃなくて、読んでも頭に入っていかない待機壮年になっちまった。

FC2のAmazonリンクも死んでしまっているので、普通にまんま、
Amazonアソシエイトのを貼るんですが、何か如何にもな商品売るよみたいな。
AmazonAmazonしている商魂臭いリンクですね。

左が紙媒体、右がkindleです。

それはいいとして、長いこと京極夏彦さんの本読んでなかったというか。
やつがれはやっぱり、京極堂シリーズのファンであって、それ以外が合わない系らしくて。

この本も出て一年くらい経っとるんやないか?

書楼弔堂の一発目は読んだような気がするが、よく覚えていない……。
何か、憑物落としの方を期待しているのだなぁ、と。落としているのは要るんだけど。
ぼんやりとした記憶しかない。

法螺噺の中心が妖怪っぽいのではないんですよね。
やつがれはど真ん中に妖怪っぽいのがどんずわってないと満足できないのか。 

あれはkindleじゃなくて……楽天koboのセールの奴だったか。

姑獲鳥の夏だよなやっぱり、あの読み難いし読めないけどそんな感じの漢字だろうと、
あの読み進める感覚……で、本作は全く予備知識なしで、読んだわけですが。

ぶっちゃけ、京極夏彦さん周りの何らかの馬鹿と書いて《スペシャリスト》の作家さんが、
京極さんのフィルタを通してもりもり法螺噺としてでてくるんですが、よくは知りません。

水木しげるさんや平山夢明さんもでてきました。
この人の本はいつか読もう、と思っていつも読まないまんまです。
メルカトルなんとかとかいうミステリなのか小説なのか……読んでないと。

麻耶雄嵩ではありません。翼ある闇でもありません。

怪とか幽の編集部とかそれ関連の方々の話はやつがれの知っている範囲ではないのですが、
そこら辺が法螺噺の中心となって展開します。





真ぁ、京極堂シリーズにもモデルっぽく似た人をそれなりにぼかしてだしているので、
あんまり違和感はないんですけども、要は法螺噺が現実世界を染めていく話なんですね。

まだ、序盤なので後半に期待したいところ、というか、
これ一冊の単発で終わると勘違いしており、
読み終わって、ここで終わりか、冒頭の軍服の男はどうしたんだ!?

と、よくみたら、序破急の序だったという。でっかく書いてありました。

何でも、法螺噺内の話なんですが、ありもしない妖怪の法螺噺はお金が掛かるそうです。

フリゲ製作は金が掛かるのかというと、真ぁ、ソフト代ですがソフトも無料の奴を使えば、
通信料とパソコン代くらいでショボいのならいけます。技術があればショボくても凄いのは作れます。



☆関連記事

web拍手 by FC2
応援して頂けるのでしたら、黄色優先でClick!! ↓
blogram投票ボタン にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム制作へ

« 【DQMJ3p】爆低速プレイ日誌【22】【段位戦:529p/MGP:489位/CGP:1177位】|Top|Windows10の大型Update »

仰ぎ見る方々との素敵問答

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Top

HOME

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

本家の更新が全然無い。

BlogPetそげ松、ここに永眠。
2005年7月29日~
2008年11月15日没。

  • 鴉辺譜 鼻勝(アベフ ハナカツ)
  • 控え目で飾らない男らしい
    あるいは、良い人(他人談)

名前:
メール:
件名:
本文: