ギャンブルをしていようがいまいが、日本銀行券で寄付する人はする。

こんブログは鴉辺譜鼻勝(アベフ ハナカツ)、永遠の19歳歴18周年を迎えたウルトラメディアエキセントリッカーの読んだ分だけ寿命が弾むブログです。日本銀行券だけください。

鼻勝の理 TOP > 主人格雑記 > ギャンブルをしていようがいまいが、日本銀行券で寄付する人はする。

« 日本銀行券を寄付してもらえるかもらえないか? というギャンブル|新しい月! 新しい生活! »

ギャンブルをしていようがいまいが、日本銀行券で寄付する人はする。

161204_aaa000.jpg
見殺しにする人はするが……そもそも、日本銀行券で助けてくれず見殺しにされているのだから、
ギャンブルに走っているわけで、日本銀行券を毎月10万円寄付してくれんだったら、

ギャンブルはそこで止めます。

要するに、この国はベーシックインカムを導入し、最低賃金の労働者を救いましょう!
議論を出尽くす暇を与えず、カジノ法案やTPPを推し通したように、ベーシックインカムも押し通せ!

日本銀行券でお助けください!

そもそも、働ける場所が増やせるんだったらすでに働いとるわ! ばかったれ!
やつがれが社会に向かないから、向かわせるようにしても、無理がたたるんじゃ!
最小の細胞レベルでおかしくなりそう! おかしくなってんだけどさ。

おおおお、億発逆転じゃ~! 飼い猫の餌代のためじゃ~!

と言って皆さんのお楽しみ通り、31ドルは昨日のうちに闇に溶け、
現在、海外ブックメーカーには、9.72ドルしか残っておりません!

75ドル以上じゃないとそもそも払い出しすらできないブックメーカーだし、
海外手数料がいろいろふんだくられ、それ以上ないと亜米利加ドルから、
日本銀行券にすら変換できぬわけであるが……。

財布には1000円。命を賭して寿命を使う最低賃金が支払われるのは25日!
電話料金を払ってないので利用停止は15日!


絶望的です! 日本銀行券でお助けください!



無名のコメントを読んで、ギャンブルを辞めて果たして、救いの手を差し伸べる人が現れるか?


ねぇだろうな、と思います。冷たい世の中だから。

やつがれが現実においてまともな人間なら、
すでにリアルにおいて救いを差し伸べる人がおるでしょうや。

生活保護者や復興支援金で死事も娯楽もない一部の方々が助けもなく、
億発逆転を求めて、1万円を握りしめて、日本銀行券と引き換えることのできる景品を求めて、
銀玉や1~3着に来る競走馬の順位を当てる行為に想いを馳せているような、そんな世の中です。

それもネットとかで見たり聞いたので真贋を見抜けぬようなやつがれが分かるわけもないですが。

やつがれの働いた最低賃金の一部が、銀玉とともに流れて行っているのかもしれません。

ギャンブルをやっていてもやっていなくても支援の手を差し伸べる人は差し伸べます。
ギャンブルを辞めたら寄付する人が現れるんだったら、すでに数年前から現れているはずです。

ギャンブルは悪ではありません。きちんと自分を律して行うことが勝利に繋がっていきます。
余裕をもって真剣にやると勝つこともあるかもしれません。やつがれにはそんな力はなかったですが。

ウマい話は、実はあるのです。やつがれにはどのひとつも、ハマりませんでした。

それだけの話です。

法螺話を主軸に据えた企業のメイクマネーゲエムをするよりも、
日本銀行券を直接的に右から左に動かすゲエムに熱中してズッコケる年になろうとは……。

ゲエムを作る躍進の年にしたかったが、後悔先に佇んば、藁をもつかんだら馬糞だったそんな年でした。

やつがれに寄付しようとか言う人間がいるのだとしたら、すでにいるはずですが、
そんなものはいませんよ、まったくね。死ねばいいのに。 





☆関連記事

web拍手 by FC2
応援して頂けるのでしたら、黄色優先でClick!! ↓
blogram投票ボタン にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム制作へ

« 日本銀行券を寄付してもらえるかもらえないか? というギャンブル|Top|新しい月! 新しい生活! »

仰ぎ見る方々との素敵問答

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Top

HOME

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

本家の更新が全然無い。

BlogPetそげ松、ここに永眠。
2005年7月29日~
2008年11月15日没。

  • 鴉辺譜 鼻勝(アベフ ハナカツ)
  • 控え目で飾らない男らしい
    あるいは、良い人(他人談)

名前:
メール:
件名:
本文: