ちゃんとした再開のお知らせ

こんブログは鴉辺譜鼻勝(アベフ ハナカツ)、永遠の19歳歴18周年を迎えたウルトラメディアエキセントリッカーの読んだ分だけ寿命が弾むブログです。日本銀行券だけください。

鼻勝の理 TOP > 主人格雑記 > ちゃんとした再開のお知らせ

« 【1殺目】スケッチパース ツボとコツ【7】【p.028-028/143】【開始:150102】|終焉 »

ちゃんとした再開のお知らせ

電話料金は止められないにしろ、向こう5年くらいはローンが組めなくなるようなので事故です。
というかずっと事故だったので今更、どうってこともないですが……信用が一切ない、真ぁいいけどね。

そう金が無いのは仕方がない! 社会に縁が無かったのです!

でも、これからもゲエムもできるし超絶貧乏の生活に成るけど、
その中で、自分が少しでも楽しめる何かさえあればそれでいい!

ネットにもこの世にも楽しいと思えるような物体は存在してなかったけど、
誰もこんなブログ読んでなかったし、それまでいた人も見殺しにしたり、
勝手になんかやりましょうとか言って、勝手に打ち切られたけど、
真ぁ、こんなの死んでもいいから見殺しにしよう! とそういうことでしょう!

ようし、笑って死ぬぞ! 絶命だ! 体が恐怖で動かない!

誰もこんなブログなんか読んでない、早く死ねばいいのにとしか思ってない人間しか読んでない!

そうじゃないなら否定の言葉もあろう。だが、ない。

正直、言葉なんか貰いたくもない奴から貰いたくもない! 失せろ! ゴミ野郎!

終わったかどうかは自分の判断であり、他人は一切の関係が無い。
おのれの好きな物ですべてを語れるほどの強さは欲しい。

おのれの好きな物自体がこの36年間生きて来て何ひとつもないことに気が付いてからが本当です。
もっと若い時には、どんなに長く生きても人間には何も分からない、ということが分かってませんでした。

長く生きていても結局は何も分からない、ということに気が付いて、
人間というのは周りに恵まれている人間しか生きる資格がないのだなぁ。

じゃ、俺失格じゃん。と思いました。だから早く、死んだことにも気が付かないくらいに、
できるんなら今すぐ死にたいと思うんですが、死のうとすると恐怖というか、

すんげえ体とか恐怖に震え、誰が買ってきたのか知らないモナ王を食してしまい、
うめぇ、生きよう! と考え直してしまいました。死ねばいいのに。

ということ、確かに人間は自分をだまくらかして生きるほかないのです。
分からないのに分かったようなふりをして今を生き抜くしかないのです。

所詮は大地に生かされているに過ぎないのに、一秒後には生命活動が停止しているかもしれないのに。

無念であります。常に楽しさを感じるように勘違いできる人には一切、勝ち目がありません。

見た目的に幸せそうに見える人間であっても実際は物凄い苦労をしているかもしれない。

日本語を喋ろうとしてもうまく発言できないかもしれない。か細さを武器にしているかもしれない。

分かりません! 周りの支えがあってここまで辿り着いてないので分かりません。


親から捨てられたような感覚が切って切り離されずに、何のために今を生きているのか、
と無意識にずっと感じてきたのでしょうか、自分は要らない人。この世に要らない人。


自分自身が自分を必要としなくなったのに、死のうとすると体が怖くて震えます。死ねばいいのに。


諦めて、DQ10とゲエム作りと片付けとそんなことをしたいのにする気力も湧かなくて死にたくなるし。


そんな感じで借金にまみれて、生きているような死んでいるかのような。
誰も読まないこのクソみたいなブログをみて、ご飯を何倍もおかわりするんでしょう。


他人の不幸は蜜の味ですからねぇ。酷い人たち。楽しめよ。


☆関連記事

web拍手 by FC2
応援して頂けるのでしたら、黄色優先でClick!! ↓
blogram投票ボタン にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム制作へ

« 【1殺目】スケッチパース ツボとコツ【7】【p.028-028/143】【開始:150102】|Top|終焉 »

仰ぎ見る方々との素敵問答

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Top

HOME

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

本家の更新が全然無い。

BlogPetそげ松、ここに永眠。
2005年7月29日~
2008年11月15日没。

  • 鴉辺譜 鼻勝(アベフ ハナカツ)
  • 控え目で飾らない男らしい
    あるいは、良い人(他人談)

名前:
メール:
件名:
本文: