ファンタジー小説3

こんブログは鴉辺譜鼻勝(アベフ ハナカツ)、永遠の19歳歴18周年を迎えたウルトラメディアエキセントリッカーの読んだ分だけ寿命が弾むブログです。日本銀行券だけください。

鼻勝の理 TOP > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 馬鹿小説 > ファンタジー小説3

« まげりん、久し振りの登場。|ファンタジー小説2 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



web拍手 by FC2
応援して頂けるのでしたら、黄色優先でClick!! ↓
blogram投票ボタン にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム制作へ

ファンタジー小説3

子供と動物が人気なら、そんなのを中心に小説を書いたらどうかしら?
というのは、暴論だとは思うけどね。


私は好きですよ、あなたの小説。


特にムゥトンちゃん、だっけ? あのピンクの獣が好き。キモ可愛いっていうの。


あれから、沈黙の3年間ですね……文壇へのいち早い復活を心待ちにしています。


 ハンゲイレシタ・モンジキャットエエジンはそのような内容の手紙を友人で小説家のミラケボガッチ・ジョリアッティへ書き上げ、チョンガラブット(要するに封筒)にしまう。
 そのチョンガラブットを軽く指で弾くと、不思議な力で浮き上がった。
 この星を満たすディオエイエメタボリックエンデと呼ばれる粒子が重力無視の法則を作り出したために、このチョンガラブットは浮きあがったのである。地球では起こる筈のない不可思議な現象を引き起こす、このことをこの星の人は「魔法」と呼ぶ。ディオエイエメタボリックエンデ粒子はこの星のモノの願いに反応するが、使うためには長年の修練と生まれながらの才能、ちょっとした知性が必要となるため、誰も彼もが使える力ではない。
 モンジキャットエエジンはその中でも高い能力を持っている「魔法使い」であった。
 彼女が浮き上がった手紙に軽く、くちづけ、をするとミラケボガッチの家の方角へと飛んでいく。
 彼女の思い出から導き出した記憶の願いがチョンガラブットを遥か遠く、アンジェリカサマーカーヌバルウエストサイズエル島へと導く。手紙を動かしたのも、くだんの粒子の力である。
 近年、この星の科学者のいうにはその粒子の数も減り始めているというが……。
 同時刻、町の公園にカルロスゴーンネコマネチ(地球でいうとビニールシート)を敷いて、ゴリアレアモンド・レアスクレイがお手製のインモラスカッシィアタヌレを口に運んだ。
 地球で言うコーンスープのような味がするプリンのようなものを想像してもらいたい。色はインディゴブルーでもの凄くつやぷるしている。カラメルソースに当たる深い色合いのインディゴブルー? の部分は、牛載せ脂並に濃厚なコーンスープの味がするのである。匂いは薔薇っぽい感じである。
 興奮を抑えきれず、パクついた。
「ぎゃ~」
 口角から、つばのようなものを垂れ流し、ゴリアレアモンド・レアスクレイはビニールシートから転げだした。
 時刻はちょうど最後の明かり星が、地球でいう夜の時間を告げていた。
「アカラポット(ほっぺ)が落ちる」


 続きは、えjらいえwjgふぃう;らwsgbヴいれshんぎfjうぇくぁjkふぉぱwfぽあで。





何故か追記まで消える始末、この追記を書くのも3回目ですが、
本文の方は3回ぐらい書き直しております。FC2の不調とブラウザの不調。
書き上げた瞬間に応答なし、ネットに繋がっていません。

正直、他の文書ソフトかなんかで書いたのをコピペすればいいのに……。

ファンタジー小説、書くの楽しい!(Hi-Hi風)

異論は認めません。



☆関連記事

web拍手 by FC2
応援して頂けるのでしたら、黄色優先でClick!! ↓
blogram投票ボタン にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム制作へ

« まげりん、久し振りの登場。|Top|ファンタジー小説2 »

仰ぎ見る方々との素敵問答

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Top

HOME

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

本家の更新が全然無い。

BlogPetそげ松、ここに永眠。
2005年7月29日~
2008年11月15日没。

  • 鴉辺譜 鼻勝(アベフ ハナカツ)
  • 控え目で飾らない男らしい
    あるいは、良い人(他人談)

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。