鼻勝の理

こんブログは鴉辺譜鼻勝(アベフ ハナカツ)、永遠の19歳歴18周年を迎えたウルトラメディアエキセントリッカーの読んだ分だけ寿命が弾むブログです。日本銀行券だけください。

鼻勝の理 TOP > 月別アーカイブ [ 2007年04月 ]

PS『LSD』

amazonでも、売っていなかった幻のゲーム(2007年4月、記事作成時)

L.S.DL.S.D
(1998/10/22)
PlayStation

商品詳細を見る

3Dの奇天烈な世界を歩き回るだけのファンタ・スチックなゲームです。
少しプレイするだけで、何だか眠くなります。
プレミアが付き過ぎだろ! っていうくらい高いですね。

ジャケットの入れ替えが、出来たりするんで、
グニュウ・ツールのアルバム、『Other Goose』を思い出します。

OTHER GOOSEOTHER GOOSE
GUNIW TOOLS (1997/01/22)
ビクターエンタテインメント

この商品の詳細を見る

長くプレイすると、3Dゲーム特有の気持ち悪い酔いが待っていて、
夢どころの騒ぎではありません。自分が酔い易いだけかもしれませんが…。





web拍手 by FC2
応援して頂けるのでしたら、黄色優先でClick!! ↓
blogram投票ボタン にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム制作へ

DS『逆転裁判4』

逆転に、消ゆ…みたいな。

逆転裁判4(通常版)(特典無し) 逆転裁判4(通常版)(特典無し)
Nintendo DS (2007/04/12)
カプコン

この商品の詳細を見る

 ご覧の通り、忙しさから開放されたのち、
ブログの更新などを、おおいにほったらかして、
『逆転裁判4』をプレイしていたわけですが…。

前作よりも、第一話から、飛ばし過ぎでした。
まさか、あげな人が、いきなり、そんな!
ゴシカァン! てな感じでした。

この手のゲームは、レビューが難しいですね。





web拍手 by FC2
応援して頂けるのでしたら、黄色優先でClick!! ↓
blogram投票ボタン にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム制作へ

DQMJでGPに参加。

久しぶりに、ドラゴンクエストモンスターズ・ジョーカーをプレイしてみました。

どれ、試しにWifiに接続して、世界の猛者と逢いまみえてみるかと、
参加してみたところ、参加賞として、『エッチなほん』を入手しました!

…さっそく、嫌な予感がしてきましたが、すぐに対戦相手が登場。

敵さんは、歴代のBOSS、三体。
対する自分は、そこらへんにいる雑種、三体。

まるで、勝負になりません…。
あっ、ちゅうまに瞬殺されました。

なんという、なんという、弱肉強食の世界!!

でも、せめて同レベル位の対戦相手くらい選べても良いのではないのでしょうか?

上位には、ソフトで改造強化されたようなインチキキャラも大勢いるのでしょう。
まぁ、クリアすらしていない状態では、太刀打ちできないのかも。

ところで、ゲーム本編のゴールである鐘はいつ鳴らせるんですか?





web拍手 by FC2
応援して頂けるのでしたら、黄色優先でClick!! ↓
blogram投票ボタン にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム制作へ

魔界に消ゆ。

ゲッツ板谷氏ではないが…。

昨晩、見た意味不明な夢の詳細を発表します。
少し風邪気味で、風邪薬を飲んでいたのが原因なのか?

 自宅で、テレビの電源を入れると、このあとすぐ、ゲームセ●ターCXゲーム発売決定記念特集、見逃すな! と、画面に出たので、これは観ないといかんなぁと、菓子パンを頬張りながら、CMを観ていたら、自分の会社の海外実習生4人が映り、母国語? で、不思議な歌を歌い始めたので、驚いて観ていたら、漢字のみで構成された彼らの母国語? の字幕が出て終了。
 
何だ、今のはと考える暇も無く、場面が変わり、自分が知っている山道の入り口のような場面に切り替わる。
 おお、近所のあそこだ、でも、あの先の道には、行ったことがないなぁ、と油断していたら、カメラがその知らない道へと、どんどんと進んで行く。
 夢で勝手に作ったその山道を進んでいくと、不法投棄されたごみの数々、飛び散る指定のごみ袋などが散らばる酷い現状が映し出され、まったく、酷いものだなと憤慨、さらに奥へと進んで行く…。
 すると、やたらと開けた場所に出た。
 そこでは、色々な普通車が、思い、思いにドリフトを決めていて、バスはその横を抜けて、さらに前へ進んで行くのだが、気が付くと俺は何故か、学生服を着ており、見知らぬ他の学生服を着たおっさん予備軍に囲まれ、何だか修学旅行に行くようなバスの中に乗っていた。
 辺りを視回すと、かつての知り合いが何人か混ざっておったので、ほっとしていると、バスが止まり、どうやら目的地に着いたらしい。
 そこは、温泉街の土産屋で構成されたようなデパートだった…。
 バスから降りて、案内に言われる通りに、店内へと足を踏み入れるおっさん予備軍。店内では、自由行動となり、それぞれ散らばる。
 かつての知人シンガ氏が、三階に行きたいんじゃ、とうるさいので、それじゃ行くかと、知人6人でエレベーターに乗り込む。
 エレベーター内部は、異様に狭くすし詰めの様な有様だった。
 知人の荒い鼻息が、耳元に掛かり、非常に不快であった…。
 どっかで、みんな就職が決まったんだなぁ、と誰かが言い、お前はまだだったなぁと、皆が知人の一人、Sugi氏を指す…。
 Sugi氏は、もう、僕には、風俗しかないんだ…とうつむきかげんに、ディズニーアニメのくまのプーさんのピグレットのものまねで答えたとき、エレベーターが、三階、キーホルダー売り場に到着した。
 何だか良くわからない骸骨のキーホルダーのような物の山に、狂喜乱舞するシンガ氏などを見て笑っていると、うちの会社の社内放送が流れ、『鴉別府鼻勝くん、鴉別府鼻勝くん、課長の~がお呼びです、いますぐ、二階に来てください』と俺の名が呼ばれた。
 知人に別れを告げ、階段を使って、二階に行くと、うちの会社だった。
 いやぁ、鼻勝くんよく来た! これを診てくれ! と課長が、明らかにぶっ壊れた機械をさらにハンマーで、一生懸命、殴っていた。
 さあ、君もやりたまえ、と金鎚を渡され、仕方なく目の前の機械をぶち壊していると、二階の階段から、大量の水が流れてきた!
 逃げ出そうとする俺の首根っこを押さえ課長が、足湯だ! 足湯が来たぞ! と靴と靴下を脱ぎだした。
 これはいったいなんだ? と思っていると、流れてきた水は温かく、丁度良い温度だった。水かさも膝より上には来ず、椅子に座り足湯を堪能し、ぼお、っとしている俺の横をSugi氏が流されていったのであった。

そこで、目が醒めたわけだが、風邪薬の副作用おかげか、何だか非常に現実感が無い状態のまま、チャック全開で会社へ。





web拍手 by FC2
応援して頂けるのでしたら、黄色優先でClick!! ↓
blogram投票ボタン にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム制作へ

Top

HOME

03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

本家の更新が全然無い。

BlogPetそげ松、ここに永眠。
2005年7月29日~
2008年11月15日没。

  • 鴉辺譜 鼻勝(アベフ ハナカツ)
  • 控え目で飾らない男らしい
    あるいは、良い人(他人談)

名前:
メール:
件名:
本文: